読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

happyou.infoのブログ

ニュース収集サイトhappyou.infoのブログです。 国内外のあらゆる企業と組織、団体のウェブサイトの更新を収集します。 岡本将吾が運営しています。twitterは @happyou_info_ja です。

NASDAQ全銘柄のウェブサイトをスクレイピングする計画

 
happyou.infoというサイトを開発している@shogookamotoと申します。
 
現在、NASDAQ市場に上場している全企業の公式サイトの更新情報をスクレイピングすることを計画しています。日本株については完了しています(リンク, リンク)。
 
そのためには、まずどのサイトをスクレイピングすればよいのかを正確に把握しなければなりません。
 
(1)取扱銘柄そのものはすぐに取得できます。
NASDAQは毎日取扱銘柄の一覧を公開のftp.nasdaqtrader.comにアップロードしています。anonnymousでログインして
/SymbolDirectory/nasdaqlisted.txtからファイルをダウンロードしてくるだけです。
詳細は http://www.nasdaqtrader.com/trader.aspx?id=symboldirdefs に書かれています。日本株よりずっと単純でわかりやすい。凄いぞNASDAQ!
 
(2)しかし、ここでわかるのは企業名とticker symbolだけです(例えばApple Incのticker symbolは"AAPL"という具合)
私が知りたいところの公式サイトのURLは記述されていません。調べた結果それは
(その後、個別ではなく、一覧を取得したい場合はhttp://www.nasdaq.com/screening/companies-by-industry.aspx?exchange=NASDAQ をスクレイピングすればよいことがわかりました。このページが一番相手のサーバ様に負荷をかけずによいと思いました。)。
 
(3)しかし、このNASDAQのページで得られるオフィシャルサイトのURLは既に古くなっている場合があるので注意が必要でした。
例えば、Pacific Biosciences of California, Inc.(PACB) のページ(http://www.nasdaq.com/aspx/infoquotes.aspx?symbol=PACB)によるとオフィシャルサイトは
http://www.pacificbiosciences.com/ です。しかし実際にアクセスしてみるとわかりますが、そのサイトは既に http://www.pacb.com/ へ移転しています。このサイト移転に関しては、結局私のクローラが移転を検出して更新してやる必要がありました。保守運用がんばろうよNASDAQ
 
また、例えばBarclays というイギリスの銀行が扱ってるETNという金融商品TAPR, STPP, CAPE、その他)の公式サイトは、私は
http://etn.barclays.com/US/7/en/home.app が適切だと思うのですけれども、全部
http://www.barclays.com/ に統一してしまっているのもどうかと思いました。リンク切れを避けたいのでしょうし、最終的にTickerSymbolと公式サイトが1:1対応出来ないということも理解しますけれども、ここもっと完成度高めて欲しいですねー。
 
(4)さて、こうして得られた全銘柄のサイトを FinalScraperにかけてRSSを作ってみました。しかし、残念ながら現時点ではかなりうまくゆかないことがわかりました。
 
(失敗原因1) IPアドレスを元に表示される言語が決められてしまう。
たとえば、Qiagen N.V. (QGEN)のオフィシャルサイトhttp://www.qiagen.com/
日本のIPアドレスからのアクセスと判断すると自動的にhttps://www.qiagen.com/jp/
リダイレクトして、日本語のコンテンツが表示してしまいます。日本でクロールしているところの私のサーバは日本語のコンテンツしかダウンロードできません(ブラウザの言語設定をいじっても無理)。大人の事情なのか、特に医薬系の企業に多いようです。
 
(失敗原因2)
NASDAQってアメリカにあるんだから、オフィシャルサイトは英語だろうというそもそもの見込みが甘かったようです。トップページが中国語だったりヨーロッパ系の言語なサイトが沢山あります。http://www.hogehoge.comが、期待する言語英語でなかったとき、私達人類はサイト中の適当なリンクをクリックしたり検索エンジンで検索し直すなどして、http://www.hogehoge-holdings.com/english/ にたどり着くことが出来るのですが、現状で私のクローラにそんな機能はありません。
URLも標準化されていません。例えば中国のIT企業China Information Technology, Inc. のトップページhttp://www.chinacnit.com/ は中国語です。英語のページは、http://www.enchinait.com/en/でも、http://www.enchinait.com/lang=enでもなく、http://en.chinacnit.com/ です。このURLも人間がウェブブラウザでクリックしてやらないと知ることが出来ません。
 
特定の企業をやサイトを批判する意図は一切ありません。サイトごとに作りがバラバラで、機械はウェブサイトの目的のページに辿りつけないよねという主張をしています。
 
まぁ待てと。(失敗原因1)はなんとかなるだろと。例えば北米のVPSなりAWSなり借りれば解決できるはず。 takurosさんが書かれた記事

AWS Lambda+PhantomJS/CasperJSでスクレイピング - プログラマになりたい

を使えばLamdaでPhantomJSまで動くそうじゃないか。
 
しかし、(失敗原因2) は…もし得られたページの内容が目的の言語でなかった時、どうやって探せばいいのか。
 
トップページから目的の言語のページにたどりつくまで、depth=1くらいでクロールすれば良いのか?
しかしそのページは本当に同じ企業の英語版トップページなのか?企業によっては、地域別、言語別に別ドメインになっているサイトもあるよ。
 
とまぁ、現在はこの辺りでジタバタしてます。言語の壁すら超えられないようではマシンリーダブルなんてとても無理。いずれなんとかします。
 
最後に宣伝です。
 
happyou.infoはお客様のご要望に応じた分野のサイトを網羅的にスクレイピングし、サイトの更新情報をお届けできます。個々の更新項目に自動的にタグを付けて分類しています。Web API形式でご利用いただけます。詳しくは

https://happyou.info/ja/top/

をご参照ください。